●・● レイキとは ●・●

レイキとは私たちの生命をはぐくんでいる宇宙エネルギーや生命エネルギー、つまり自然界に存在する『エネルギー』を利用したハンドヒーリング法です。
この生命エネルギー(それ自体をレイキとも呼びます)が施術者の手から流れ、『心』、『感情』、『身体』のバランスを調整し、心身の健康維持増進を助けます。
(レイキつまり生命エネルギーとは、気、生気、プラーナといった様々な別名を持ち、生命体にとっては自然治癒力のエネルギー源だったり、生命のエネルギーそのものと考えられています)


レイキ(靈氣療法、霊気、REIKI、RAYKI)はおよそ80年前、臼井甕男(うすいみかお)氏によって発案、始められました。
大正時代の当時、手かざし治療は現在の鍼灸やマッサージのように一般に浸透し、親しまれていました。
中でも特に臼井霊気療法は大変な支持を受け、レイキを受けていた人は全国で数十万人とも100万人とも言われています。
当時の霊気治療院の盛況ぶりは、残された写真や新聞記事などから伺い知ることができます。


そんな頃、難病治療の目的でハワイから帰国していた日系二世の高田はわよ氏が担当医から、臼井氏の後継者である林忠次郎氏(医師)の霊気治療院を紹介されて受けてみたところ、余命宣告を受けていたほどの病気が治癒してしまったのだそうです。

そのようなレイキ効果に感銘した高田氏は、林氏からレイキを学んでハワイに持ち帰り、その後約35年間は実践のみを、そして亡くなる10年ほど前から講師の伝授を始め、22人のレイキマスターたちを育てられました。
そして霊気はそこから世界中へと広がり、進化・発展していきました(現在、世界中で500万人以上の人たちがレイキ伝授を受けていると推測されています)


そうした世界中への広がりとは裏腹に、レイキ発祥の地である日本では戦争勃発や急速な医学や科学、文化の発展によって西洋的な治療法が支持されるようになり、レイキのような手かざし療法は『非科学的である』と、次第に影をひそめて行きました。
(再び日本に戻ってくるまでの間は、ごく数人の方だけがひっそりと続けておられたようです)

けれどもそれから60年後の1980年代後半、レイキの翻訳本が日本で発売されたのがきっかけとなって再び注目され始め、その価値や良さが見直されて、現在レイキの人気が再燃しています。


とはいえ日本ではレイキは宗教やオカルトのイメージが強く、未だに誤解を受けがちです。
しかし欧米では、レイキを含めてハンドヒーリング法(手かざし療法)の効果については様々な研究調査報告からもはや否定できない状況で、代替医療(自然療法)の一つとして公式に認められています。
(国内でも例えば東北学院大学教授の木戸先生が遠隔ヒーリングの研究では著名で、その成果を論文で発表されたりしています)


英国ではレイキ治療に国民健康保険が適用され、王室でも行われていますし、アメリカの公立病院ではレイキによるケアが取り入れられています。
2004年1月発行の日経新聞ででも、アメリカ国内の市立病院で行われているレイキ治療の様子が写真入りで紹介されました。
また、米国国防総省では日本円にして500億ほどの国家予算を使い、ヒーリングを含めて自然療法の研究が行われています。
そしてロシアではサイキックドクターと呼ばれる、医師と同等の国家資格を持ったハンドヒーラーたちが医療現場で活躍しています。

(日本国内では医師法により、医師の国家資格を持たない人による問診、診断および治療行為は禁じられています。また薬事法により効果・効能もうたうことはできません)

image




●・● これまで起きた現象 ●・●

1999年、生まれて初めて友人のレイキを受けた時、ベッドから立ち上がった直後、床がクニャクニャで歩けないといった衝撃体験をしました。
そしてこの経験をきっかけに彼女から伝授を受け、まずはプラクティショナーに、その後マスターティーチャーになりました。

その後も説明がつかない現象を何度も目の当たりにし、ますますレイキ/ヒーリングに取りつかれていくうち、ふと気づけば自分自身も環境や人生も大きく変わっていました。

まずは性格が穏やかになり、直感が鋭くなって、それに助けられることもしばしば。
またこの約20年の間に、風邪を引いたり、体調を崩して寝込んだことは一度だけです。

「ケロイドが残る」と2箇所の病院で診断されたやけどが、レイキをし続けたら通常の約倍の速さで治癒し、跡形もなく消えてなくなったのも驚きでした。
(ヒーリングでやけどが早く治るという話が有名です)

心不全を起こして30分ほど心臓が止まっていた高齢の母に、救急車の中で無我夢中でレイキをしたところ、奇跡的に回復したこともありました。
また、その母が車椅子で移動しなくてはいけないほど腰神経を痛めて歩くのがままならなかった時、レイキを行ったところ数分で歩けるようにもなりました。

肩を痛めて腕が上がらなかった友人にレイキをしたところ、数分で腕が元通りスムーズに上がるようになり、喜んでもらえました。
癌で闘病中のワンちゃんにヒーリングをしたところ、一時的でしたが、元気を取り戻しました。

一回の施術で数年間寝たきりの女性が起き上がって歩けるまでになったことがありました。
また引きこもりの女性が自分から部屋を出られるようになったことも忘れられません。

高血圧の投薬を受けていた女性は、たまたま別件で数回のヒーリングを受けたあと血圧が下がって安定し、医師から投薬の中止を告げられました。
一週間後に大きな手術を控えて大学病院に入院されてた方が、一度のヒーリングでその日のうちに回復し始め、手術は中止になりました。


と、挙げればきりがないほどのさまざまな結果が認められました。




●・● レイキの効果について ●・●

得られる効果には、以下のようなものがあります (Hearts in Harmony のセッションや伝授で見られた結果ものです)

なお、一回の施術で感じられるものや結果、変化の早さには個人差があります
また、レイキやハンドヒーリングは直接病気を治そうというのではなく、リラクゼーションや健康維持増進効果を目的として用いられます


【Body】
(1)疲労感や不眠の改善
(2)気や血の巡りが良くなる(数回続けた場合、冷え性も改善されていきます)
(3)自律神経系統のバランスを取るため、内臓の働きが活発になり、免疫力が向上するので、健康維持増進をする
(4)肩凝りや腰痛など、慢性的な痛みの軽減 (頭痛や肩こりが起きにくくなるケースも)
(5)疲労回復(続けると疲れにくくなる)

【Mind】
(1)深いリラックス感があるため、ストレスが軽減していく
(2)精神面が落ち着いて穏やかになり、また意欲や強さがもどる
(3)感情解放が起きて気分がスッキリとしたり、やる気が起きてくる
(4)イライラしなくなり、気持ちに余裕が出てくるため、集中力が高まったり、判断を間違えなくなる
(5)感情に左右されにくくなる
(6)怒りや不満などの感情のコントロールができるようになる
(7)自分への信頼感が生まれ、自信が戻り、他者への思いやりや感謝の気持ちが起こってくる

【Spirit】
(1)深層意識の想いや気づきが浮かんできて、それが本質を目覚め、人生を豊かにしていく
(2)真の自分を理解し、価値観や人生観がより良い方向に変化していくことで、結果的に状況や人間関係も好転していく
(3)必要な人や物事とタイミング良く出会える
(4)直観が冴えてきたり、シンクロニシティが増えて、何かとタイミングが良くなっていく
(5)気づきが増えて行動や性格が変わる(定期的に施術を受けられた場合)


● お問い合わせ

● お客さまからのご感想